うなじ脱毛する前に知っておこう!

うなじ脱毛は脱毛クリームを使うよりもサロンがおすすめ

うなじというのは、自分の後ろ側に位置する部分であるだけに、直接目で見て確認をすることが出来ない部分です。
そのため、頼りになるのは鏡ですよね。うなじ用脱毛クリームで脱毛をすると、どうしても本来脱毛したくない部分についてもクリームが付着してしまい、予期せぬ部分の毛髪が抜けてしまう事があります。
このような危険性があることを考えると、うなじの部分というのは、多少費用は掛かってしまいますが、サロンで脱毛を行った方が安全性も高く、安心して脱毛を行うことが出来ますよね。

 

サロンでは、実際にスタッフの方が目で見て施術を行ってくれますので、好みの形にうなじをキレイに整えてくれるという利点もあります。
クリーム以外にも自己処理で脱毛を行うことが出来るツールは沢山ありますが、やはりどれも自分で直接見ることが出来ませんので、やはり施術には不安がありますよね。
また、うなじの部分は万が一トラブルを起こしてしまうと命の危険性がある部分でもあります。安全で安心なサロン脱毛の方が、やはりお勧めになりますよね。
このような事をしっかりと考えてみてくださいね。

 

うなじの脱毛が完了するまでどのくらいの間隔でサロンに通うの?

 

脱毛専門サロンとクリニックといった医療機関での脱毛処理を比較するにあたって両者ともに脱毛処理が完了するまでどれほどの期間が必要となるのか話題に上ることがあります。
両者ともに脱毛処理に使用されている機械の原理は同様のものではあるのですがその最大の違いとして出力の差があるためにより高い出力を出すことが出来るレーザー脱毛器を採用している医療機関での脱毛処理は脱毛専門サロンと比較するとより短い期間で済ますことが出来ます。
身体の部位の中でも毛周期の長いうなじでの脱毛を例に挙げてみると個人差はあるものの概ね2〜4ヶ月ごとに脱毛処理を行うことになります。脱毛専門サロンで使用されているフラッシュ脱毛器で脱毛を完了させるには最低でも10回以上施術を受ける必要があるためにうなじの毛の濃さにもよりますが前述しか期間を踏まえると2×10で20ヶ月の期間がかかることになります。
一方出力の高いレーザー脱毛器は高い効果を持つために半分ほどの期間で済ますことができるもののその分肌に対する悪影響も少なくありませんので自身の体質に合わせてどちらか決めると良いでしょう。

 

永久脱毛するためにエステサロンに通う回数は?

 

まず一つあるのが、うなじの永久脱毛を行っているエステサロンというのはかなり少なくなっています。
永久脱毛は医療用電気針脱毛によるものだけになりますので、メディカルエステなど一部のサロンでのみ施術を受けることが出来ます。
現在主流のフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の場合には、永久脱毛に近い効果を得ることが出来ますが、完全な永久脱毛とは言えません。
その上で、エステサロンに通う回数についてですが、うなじの場合にはだいたい6回から12回程度というのが一般的になっています。
うなじの場合には、生え際との境目をくっきりと見せたいという人が少ない点、またもともと産毛のようなムダ毛になるため、完全な脱毛はかなり難しいという点があります。
キレイなうなじというくらいの脱毛であれば、6回程度でも十分な状態にできますが、よりキレイに脱毛しておきたいということであれば12回あれば十分になりますよ。
髪の部分とあまりにも境目をはっきりさせてしまうと違和感も強く感じる事になりますので、あまり回数は重ね過ぎない方が良いというのが多い意見です。

 

範囲はどこまでやってやってもらえるの?

 

うなじのムダ毛というのも女性にとっては気なるところです。特に毛深いという人はうなじのムダ毛も手入れをしておきたいと思うものです。
毛深いおかげで思ったような髪型にできていない人だって世の中には結構いるようなのです。うなじを脱毛することにしたとしても、いったい、うなじの脱毛はどこまでやってくれるのかというところは気になるところです。
うなじの脱毛部分というのは脱毛サロンによって微妙に違ってくるようです。
首の後だけなのか背中に入る部分も脱毛してくれるのか気になってしまいますが、基本的には首の後の骨の出ている部分までと考えて間違いはないようです。
それより下はパーツ的には背中の脱毛の扱いとなってしまうために別料金がかかってきてしまいます。脱毛サロンではほとんどのところがうなじだけの脱毛はしていません。
脱毛のセットコースの中に加わっていると考えておいたほうが良いでしょう。どうしてもうなじだけの脱毛をということならクリニックなどの医療機関での脱毛をするということになりそうです。
いずれにしても各サロンなどで脱毛範囲はきっちりと確認をすることです。

 

うなじ脱毛を行った後どのくらい効果が保てる?

 

うなじの部分はかなりデリケートな部分ですし、できれば少ない回数の脱毛施術で済ませたいという希望を持っている人も多いですよね。
ですが、キレイなうなじをキープするためには、いったいどのくらいの回数の脱毛を行う必要があるのか、どのくらいで効果が保てるのかは心配ですし気になります。
うなじはだいたい6回〜12回くらいの回数をこなせば、だいたい脱毛を完了させることが出来ると言われています。
つまり、だいたい1年〜2年くらいの期間で脱毛を完了させることが出来る問うことになりますよね。
一回脱毛をしてから、次の毛が生えてくるサイクルはだいたい2〜3ヶ月ですから、一回目の施術を終えた後、1ヶ月〜1ヶ月半くらいはなんとなくその効果を保てていると感じる事が出来ると思います。
夏の間にうなじをキレイにキープしておきたいというときには、だいたい7月くらいに一度脱毛をしておき、8月いっぱいまでなんとかキープできる可能性はあります。
ただ、毛が生えるのが早い人の場合には、8月半ばには後れ毛が気になる可能性もありますよ。個人さ多いのが脱毛ですので、この辺りは注意が必要ですよね。

 

うなじの永久脱毛にかかる料金

 

うなじの永久脱毛にかかる料金は、4万円くらいです。安くうなじを脱毛したいなら、ミュゼがおすすめです。
襟足とうなじ脱毛だけをするなら、値段が安い脱毛サロンなのでおすすめできます。キャンペーンを利用すれば、8回1万5000円くらいでできます。
エステで脱毛すると、このように安い料金で脱毛することができます。しかし、うなじの毛深さや後れ毛の多さで処理が悩みになっている人なら、確実なうなじの永久脱毛がおすすめです。
うなじの脱毛を受ける場合は、クリニックのレーザー脱毛か、電気針、エステのフラッシュ脱毛のいずれかになります。
電気針の場合、確実で、毛穴に針を刺し、毛根の細胞に電気を流して毛が作られる組織を破壊させて毛を生えなくさせます。
ただし、針を刺して電気を流すのでかなり強い痛みを感じます。おすすめはレーザー脱毛で、医療用の出力の高いレーザーの光で毛の細胞に働きかけるので、針脱毛の次に脱毛効果が高いです。
痛みはそれなりにありますが、針脱毛ほどではないので、我慢できる程度です。約4万円でうなじがキレイになるのなら、我慢する価値はあります。

 

うなじ脱毛を早く終わらせるための方法

 

脱毛をすると言っても脱毛をする方法は変わらなくても部位によって脱毛にかかる時間や期間というものは変わってきます。
一般的に毛が濃くて太い毛のほうが脱毛は早く終るといわれています。そういう意味ではうなじの脱毛というのは産毛の部分が多くイメージとしては細い毛が集まっているという感覚があります。
つまり、うなじの脱毛には時間がかかるということになるのです。通常の脱毛サロンでの脱毛であれば回数で言うと10回から12回程度の脱毛施術が必要と言われています。
期間で言うと2年くらいが必要となってくるのです。できるだけ早くうなじの脱毛を終わらせようと思うのであれば、クリニックなどの医療機関で脱毛を行うべきだと言えます。
脱毛の機器の威力が強いため回数も期間もかなり短縮できるようです。概ね、回数も6回程度、期間も1年程度ので脱毛が完成するようです。
つまり、脱毛サロンで脱毛をするよりも期間的には半分で済むということになるのです。ただし、クリニックでの脱毛は金額的には脱毛サロンよりもかかることは承知おきしておくべきでしょう。

 

脱毛エステサロン選びの際のポイント

 

脱毛エステは今まさに流行ともいえるくらい、多くのサロンが登場してきています。
その中で、どの脱毛サロンを選べばよいのかという点は気になりますよね。まず通いやすいことが大切です。
脱毛は比較的長い期間通うことになりますので、通い肉場所にあるサロンは避けた方がいいですよね。
価格の点もチェックしましょう。低価格の方がいいのか、多少高くても丁寧な施術を行ってくれる方がいいのかなど、その人によってかなり条件は変わりますよね。
エステ自体の様子が豪華な方がいいのか、チープでも安いことにこだわるのかなど、選ぶポイントはありますよね。
店内の様子はについても、清潔感があるのか、居心地がいいのか、個室とうたっているけど、どの程度の個室なのかという点もチェックしておきたいポイントです。
脱毛施術中はどうしても露出している部分も多くなりますし、場合によってはデリケートゾーンの施術でかなりの露出になっているケースもあります。
完全個室なのか、カーテンで仕切っただけナノカという点は気になりますよね。周りは女性だけしかいないからいい。と割り切れない人であれば、完全個室のさろんを選んだ方がストレスがかかりませんよ。

 

脱毛の値段が安い医療脱毛クリニック

 

実は脱毛サロンで脱毛をしたとしても永久脱毛効果が得られるとは言い切れません。
もちろん、長期間にわたりムダ毛の生えて来にくい状態を作ることは可能ですが、一生涯全く自己処理が必要無くなるという訳ではありません。
一方、高い脱毛効果を得られ、脱毛方法によっては永久脱毛が可能な医療脱毛クリニックは一般的に費用が高額になりがちで、ついつい格安の脱毛サロンで脱毛をする選択をしてしまう人が多いのが現状です。
しかし、医療脱毛が必ずしも高額であるとは限りません。
確かに自由診療になるので保険は効きませんが、自由診療ですので価格も独自に決めているクリニックが存在するのです。
コマーシャルでもおなじみの湘南美容外科の場合、両ワキ無制限のコースで3400円と脱毛サロンと変わらない価格を実現しています。
全身脱毛5回コースで315000円はサロンよりも高額ではありますが、繰り返し処理が必要なくなることを考えれば、先行投資として非常に割安になることも考えられるでしょう。
その他にもコースが豊富に用意されているので、脱毛サロンを検討中の場合には医療クリニックでの脱毛も比較して見てはいかがでしょうか。意外と変わらない価格で効果的な脱毛を行えるかもしれませんよ。

 

脱毛ラボのうなじ脱毛にかかる期間

 

脱毛ラボのうなじ脱毛にかかる期間は、かなり長くなります。全身のうなじ脱毛を受けた場合、終了するまでの期間は2年以上かかるでしょう。
合計12~18回程度の回数が一般的な平均値になるからです。

 

うなじ脱毛を望む人の体質や毛質にもよるので期間については何とも言えませんが、全身うなじ脱毛については2〜3年は見ておいたほうがいいかもしれません。
うなじ脱毛にかかる時間や回数は個人差が大きいのですが、一般的なこれくらいの期間が必要です。

 

脱毛ラボは、全身脱毛専門サロンで、全身うなじ脱毛にも力を入れています。
他の店よりも安い値段で、構えることなくきがるに全身うなじ脱毛ができるのがメリットです。
脱毛ラボでは月額制をとっているので一度にお金を支払う必要がなく、痛みについても安心です。
専用ジェルを使ってSSC脱毛によりうなじを処理するので痛みを感じることがありません。
脱毛ラボでは、単発脱毛プランとしてうなじ脱毛が3,980 円/1回でできます。
しかし脱毛ラボの場合、うなじだけを単発脱毛するよりは全身脱毛の方が割安感があってお得です。

 


 

ミュゼのうなじ脱毛にかかる期間

 

現在脱毛専門エステといった専門の施設での脱毛処理を考えている方も少なくないと思いますが脱毛を受け始めて完了するまでの期間は意外に長くまた身体の部位ごとに応じて完了までの期間に差が出るということをご存知でしょうか。
ではどれほどの期間がかかるのかという点が疑問となると思いますが昨今ではブライダル脱毛といったイベントために脱毛を行う方も少なくありませんので予め必要となる期間を把握しておけばイベントに備えて計画を建てやすくなると言えるでしょう。

 

一つ参考例として業界最大手であるミュゼ・プラチナムにて毛周期の長いうなじの脱毛の完了までにはどれほどの期間が必要となるのか計算してみます。
毛周期の短い部位であるならば1ヶ月ほどのサイクルにて生え変わることもありますがうなじの毛周期は2〜4ヶ月ほどだと言われています。
この期間内に一回だけ施術を受けることになるのですがミュゼ・プラチナムで採用されている脱毛器はフラッシュ脱毛器ですので脱毛処理の完了までには10回以上の処理を受ける必要が出てきます。
つまりうなじの脱毛処理を完了させるためには最低2ヶ月×10回で計算すると20ヶ月ということなりますが他の部位ならばもう少し短い期間で済ますことができるでしょう。

 


 

エピレのうなじ脱毛にかかる期間

 

エピレのうなじ脱毛にかかる期間は、どのくらいかというと、個人差があるので断定はできませんが、効果が感じられるのは6回くらいからなので期間的には1年くらいです。
ただし、最終的には8回から12回通うことになる人が多いので、期間は2年くらい見ておいたほうがいいかもしれません。
細かく薄いうなじの毛は、脱毛効果が出にくい部位なので、それなりに期間は必要になります。
うなじ脱毛については、他の部位よりも確実に長い時間かかるということを認識しておく必要があります。
うなじの毛がしっかりしている人の場合、早く脱毛が終わるケースもありますが、平均でも10回くらいは通わないと、なかなか効果は得られないので、やはり期間としては1年半から2年くらいは考えておいたほうがいいでしょう。

 

エピレのうなじ脱毛は、全身を30箇所に分けて組み合わせ、自由に好きな部位を脱毛できるので便利です。
襟足を含むうなじの脱毛なども可能です。エピレの場合、価格が安いのでうなじ脱毛はおすすめできます。
イチオシは、うなじ全体のコースです。1度でキレイになることができ、自信の持てる後ろ姿になることができます。

 


 

シースリーのうなじ脱毛にかかる期間

 

2016年12月現在シースリーという脱毛専門エステでは通常7,000円かかる初月の費用が無料になるというキャンペーンを行っており今脱毛専門エステを選ぶのであればシースリーがおすすめとなっています。
もちろんシースリーでも全身あらゆる部位の脱毛を行うことができますが今後に備えて露出する機会のある部位の脱毛を考えている方も少なくないのではないでしょうか。
例えば両ワキが特に人気の部位ではありますがその他にも脚やうなじといった選択肢もあります。
特にうなじは毛周期が長いということもあり脱毛が完了するまでの期間もその分長くなってしまう傾向にありますので早めに開始しておくに越したことはありません。
シースリーでは脱毛専門エステで広く普及しているフラッシュ脱毛器が採用されています。
フラッシュ脱毛器による脱毛処理は体毛の濃さなどの体質によって左右される部分があるものの最低でも完了するまでに10回ほどの施術が必要となります。
そしてうなじを脱毛する場合こちらも体質によって期間は異なるもののその毛周期は2〜4ヶ月ほどと言われていますので脱毛の完了までには最低1年と8ヶ月の期間が必要となることがわかると思います。
なんからの予定からうなじの脱毛を行う方はこの期間を目処に計画を建ててみるとよいでしょう。

 



 

ル・ソニアのうなじ脱毛にかかる期間

 

脱毛専門エステで受けることのできる脱毛処理は身体のあらゆる部分の脱毛を可能にしていますがその中でも現在うなじの脱毛を考えている方もいるのではないでしょうか。
うなじは身体の他の部分と違って毛周期が長い傾向にあるために脱毛処理にも比較的時間がかかってしまう部分となっています。
ではどれほどの期間が必要となるのか気になる方もいると思いますのでル・ソニアという人気の脱毛専門エステを参考に見てみましょう。
まずル・ソニアは医療機関ではなく脱毛専門エステですので採用されている脱毛器はフラッシュ脱毛器ということになります。
うなじの毛周期は個人差はあるものの2〜4ヶ月の期間を経てサイクルしているとされていますので脱毛処理はこの期間に応じて受けることになりますがもちろん一回での施術で脱毛処理を完了することはできませんので複数回受ける必要が出てきます。
フラッシュ脱毛器で脱毛処理を完了するためにはこれもまた個人差があるものの最低で10回は施術を受ける必要がありうなじの毛周期と脱毛完了回数を踏まえて考えると1年と半年強以上の期間がかかるということになります。

 


 

自分で出来る「うなじ脱毛」の方法

 

自分で出来るうなじ脱毛の方法はどのようにすればいいのかというと、まず髪の毛をまとめるゴム、大きめの鏡、蒸しタオル、電気シェーバー、シェービングクリーム、保湿剤を用意します。
次にうなじの形を決めます。最初に大体の形を決めておくことが大事です。
形には、M字、W型、−型、U型、Uの反対型があります。
最初は自分のうなじの形に近いものに合わせるようにします。
自分でうなじを脱毛するときは、肌を清潔にしてする必要があるので風呂上がりにやりましょう。

 

お風呂上がり以外でする場合は、蒸しタオルで肌をきちんと拭いてから行います。
髪をアップにしている人は、紫外線で肌が固くなっていることが多いので肌を柔らかくして傷つきにくくしておく必要があります。
うなじ脱毛をするときはシェービングクリームを塗ります。
直接シェーバーの刃が肌に当たらないようにするためです。
ここまで準備ができたら髪の毛の生え際の指2本分くらい下から剃り始めます。
上から下へシェーバーをやさしく当てて処理します。剃り終わったら、アフターケアが大事です。
ボディ用か顔に使っている化粧水で、乾燥しないようにしっかり保湿します。


 

うなじだけではなく、全身の除毛が出来るクリームの特殊サイトはこちらです。

 

>> クリームタイプの脱毛アイテムのおすすめ

更新履歴